資産運用

貯蓄型資産運用を知ろう

貯蓄型資産運用とは皆さんも大体ご存知でしょうか?正直な話私は恥ずかしながら最初投資型資産運用のようなもので呼び方が少し違うものなのかと思っていました。しかしながら調べていて自分の知識のなさに恥ずかしさを覚えました。もし私のように人任せにしていて資産運用について考えたことがない方のために少しでもこの恥をさらして一緒に学んでくれる方がいたら嬉しく思います。貯蓄型資産運用には普通預金、定期貯金、貯蓄預金、外貨預金の四種類があります。さて、それぞれの預金についてみてみましょう。まず普通預金は皆さんご存知でしょうが貯金において基本の預金の仕方です。これは自由にお金を預けたり払い戻してもらえたりできるものです。今はキャッシュカードも発行され、窓口で印鑑などを押して待たなくても銀行やコンビニエンスストアの自動取引装置(ATM)を利用して取引をすることが出来ます。また給料や年金、株の配当金受け取りなどに利用するのもこの口座です。それから光熱費の支払いやカードの支払いなどにも利用されます。続いて定期預金です。これは満期日や据置期間を設定し、その期間中は払い戻しをしないことを条件にお金を預ける貯金です。期間は1ヶ月から最長10年のものがあります。また期間に応じて普通預金よりも高い金利がつくことが魅力とされています。普通預金では知らず知らずに使ってしまうという方はこの定期預金を利用してみてください。簡単に払い戻しをしてもらうことが出来ないのでそんな方にはお勧めです。三つ目は貯蓄預金です。これは普通預金と内容は大体同じようで基本的に出し入れが自由な貯金です。残高に基準値が設けられ最終残高が設定基準額に達した日に対して高い金利を適用されます。しかし、普通預金とは違い給料や年金、配当金の受け取りには利用することが出来ません。最後は外貨預金です。これはドルやユーロなど海外のお金で貯金をすることです。日本円で貯金するよりも金利が高いため最近注目を浴びているようです。また外貨貯金が人気を集めてきたためオーストラリアやニュージーランドなど幅広い国の通貨が貯金できるようになったそうです。

ヒアルロン酸の情報満載のサイトはこれ(URL