資産運用

始める前に

資産運用を始めるときにまずしなければならないことは、銀行の口座を開設することです。これは得た利益を振り込んでもらうために必ず必要なものですから最初に作らないと困ります。できればインターネットバンク(インターネット上の銀行)であると銀行まで行くことなくパソコンや携帯電話で入金、出金することができますのでわざわざ銀行まで行く手間がかかることがないですし、瞬時に対応することも出来ますのでいいと思います。次に証券会社の口座を開設します。各社によってサービスや手数料等いろいろと違いがあるので、自分でしっかりと証券会社のホームページなどを見比べて自分にあった証券会社を選び申し込みましょう。ここが投資をする上で特に大事なポイントですので、手数料が安いからここでいいやなどと適当に選んだりしてはいけません。しっかりと考えましょう。開設までには最大一週間程度かかるようですのでその期間にも値動きなどを見て考えておきましょう。それから私が個人的にやっていた方がいいと思うことは資産運用に関する書物を軽くでも良いので前もって読んでおくということです。もちろん何もわからないまま投資型資産運用に手を出す方はいないとは思いますが、パソコンで簡単に取引ができる時代なので、便利ではありますがそれが故に気軽に手を出してしまう方もいるかもしれません。しかし投資型資産運用に関してはは前文で述べたように元本の保障は決してありませんので間違えばこんなはずしゃなかった…ということになりかねません。ですからできるならば一冊でも投資に関する書物をを読んだり、今はインターネットでも色々なことを調べることが出来ますので調べてみておくのもいいでしょう。失敗をしないために一度しっかり下調べをしましょうね。次に株式投資をする時に必要になるものはパソコンです。取引をするときに使うのはもちろん株価のチャートや情報を見るのにも必要とされているので当たり前のことですが必需品です。中級者などになっていくほどパソコンも複数台用いてタイミングを逃さないようにしている人が多いようです。またチャートソフトなどもあるようなので自分にあったものを選んで使うといいでしょう。それから書籍を読むときには一緒に基本的な用語を勉強しておきましょう。わからないものは必ず調べて理解しておくこと。でないとニュース等で株の話になったときは必ず専門用語が用いられるので、その時に理解が出来ないとついていくことができず困ったことになりかねませんからね。それからニュースを毎日チェックして基本的な値動きを見るようにしましょう。投資をされる方は誰もが基本的な値動きは把握していますので自分だけ知らないとやっていくことはできません。塵も積もれば山となる。ドンッと一攫千金を狙うのではなくコツコツ慎重にやっていきましょうね。

ここで地方税天使申告について解説しています。

関連リンク