資産運用

ポジション確認で先をよもう

段々慣れてきたら投資家達がどのようなポジションにいるのか分布を見てみましょう。そもそもポジションてなに?って思うでしょう。大まかに二種類に分けられ、ドルを買って持っている状態のことをロングポジション、逆に売ってその状態を維持していることをショートポジションといます。さて、ではなぜポジションの確認をしたほうがよいのかというとポジションの多い方に価格が動く場合が多いからです。ということは多数派のほうにいれば利益を得れる確率が高いということですね。逆に自分のポジションの方が少数だとわかった場合は早めに決済をするのも損失を出さないで済むということになるでしょう。それだけでなく、ポジション分布を利用し理解することができればポジション分布とチャートを利用して今後どのように値動きをするのか予測することができるようになります。またポジションが随分と積み上がってしまうと大きく反転する可能性があります。それを理解できている人は動くとわかるので余計に反転する率が上がります。それを知って動くだけでもずいぶんと違います。例えばロングポジションの方が積み上がると売る人が増えて来るかもしれないと予想することができます。売りが増えるということはドルが下がるということです。そういう動きを先読みするためにポジション確認は大切になってきます。また注文状況をグラフであらわしてサイト上に出してくれる企業もありますので、その場合は確認して予測の確率を上げましょう。このようにサイト上やチャートには予測の手がかりや損失をださないための手がかりが沢山あります。しっかりと読み解いて取引しましょう。

おすすめのカードローンといえばここ